新着情報

株式会社設立登記の簡単な流れ

【株式会社設立登記手続きの一般的な流れ】
1.設立チェックリストを記入
            ↓
1.商号・本店・が決定したら同一商号同一本店がないか調査。
            ↓
1.会社の届出印・社用ゴム印等を作成
            ↓
1.設立書類(定款、委任状等)作成・押印
            ↓
1.公証役場で定款認証(発起人の印鑑証明書が必要)
            ↓
1.出資払込(振込みは定款作成日以後、発起人の口座に名前入りで振り込み)

            ↓
1.登記申請(代表取締役の印鑑証明書が必要)
                      ↓
1.登記完了―会社登記簿謄本・印鑑証明書を取得。

 

*登記申請後1週間から10日間で登記は完了します。

株式会社設立チェックリスト

【株式会社設立登記事項チェックリスト】
商号 第1候補                          .                                        
    第2候補                          . 
    第3候補                          . 

本店                                                                       .                                
目的 1.                             .
    2.                             .
    3.                             .
    4.                             .
    5.                             .
    6.                             .
    7.                             .
    8.                             .
    9.                             .
発起人(住所は印鑑証明書通り正確に記入願います。)   
  1.氏名            引受株数    株  金額    万円
    住所                                     .
  2.氏名            引受株数    株  金額    万円
    住所                                       .   
  3.氏名            引受株数    株  金額    万円
    住所                                       .   
  4.氏名            引受株数    株  金額    万円
    住所                                       .   
役員(取締役。取締役会・監査役は設置するか)   
1.氏名               役職―取締役・代表取締役・監査役
  住所                                    .                                
2.氏名               役職―取締役・代表取締役・監査役
  住所                                       .
3.氏名               役職―取締役・代表取締役・監査役
  住所                                       .
4.氏名               役職―取締役・代表取締役・監査役
  住所                                                                  .                                
5.氏名               役職―取締役・代表取締役・監査役
  住所                                       .
資本金 金     万円(1円以上)  発行価額 金       円

発行可能株式総数           株
設立に際して発行する株式の総数         株       
営業年度    月  日~   月  日   取締役の任期    年(10年以内)              
公告をする方法   官報・その他(              )                             
                                  
* 個人の印鑑証明書(3ヶ月以内のもの)は発起人1通、代表者2通が必要になります。(たとえば発起人で代表者である取締役は3通必要。)
*現在は類似商号調査をしないのでほとんど第一候補の商号が採用されます。