新着情報

任意整理とは

 【任意整理とは】

多重債務により返済が困難となった場合に、司法書士が債権者と交渉して、支払金額及び期間につき協議した上で、新たに返済の契約を締結するものです。任意整理を開始すれば、債権者からの取立てが止まります

任意整理のメリット

【任意整理のメリット】 

 1.交渉及び和解の内容等に法的規制がなく、返済能力に応じた弾

      力的なが可能です。

 2.受任通知発送後は、債権者からの取立てがとまります。

 3.利息制限法による再計算で借金の総額が減額する可能性があり

      ます。

 4.一部の債権者とだけの任意整理も可能です。

 5.任意整理の結果過払いがあれば過払い請求できます。

 6.自己破産のように財産を処分しません。

 

 

                                                                  ▲このページの一番上へ

任意整理のデメリット

 【任意整理のデミリット】

信用機関に延滞情報(いわゆるブラックリスト)が載るため、クレッジットやローンの利用をする事が一定期間困難になります。

 

 

                                                                     ▲このページの一番上へ 

任意整理の流れと概要

 【任意整理の流れと概要】

1.依頼人と司法書士が面談

※事情聴取をします。任意整理選択の基準は依頼者の資産収入生活状況からみて、債務額の返済が3年くらいで可能か否かです。

2.委任状 の取得

3.債権者へ受任通知の発送・ 取引履歴の開示請求

※受任通知発送により債権者からの請求・取立て、債権者への返済が止まります。

4.債権者からの債権届出

5.債権者から開示された取引履歴に基づき利息制限法による引き直

     し計算

※過払いが発生の可能性があります。過払い分を返金するよう業者に請求 ます。応じない業者に対しては訴訟を提起することもあります(過払い金の回収)。

6.各債権者に和解案を提示・和解交渉 

※将来の利息を0%にしての3年〜5年での分割弁済又は一括返済を条件元本の7割から9割に減額するよう交渉します。

7.債権者と和解契約を締結 

8.和解金の支払開始

※分割弁済の場合は返済完了までギリギリの生活をする覚悟がいります。

9.返済の完了

 

 

 

                           ▲このページの一番上へ