新着情報

過払いとは

 過払いとは】

貸金業者や信販会社に対して、払いすぎたお金の事を言います。

これは、貸金業者などが、利息制限法を越える利率を設定することで、利息制限法に則った利率であれば借金の返済が終了しているにもかかわらず、お金を払いすぎている事を知らずに余分に支払ってしまったお金の事をいいます。

つまり過払い金は既に完済して取引が終了した人にも生じる可能性があります。

過払いが発生する仕組みについて

 【過払いが発生する仕組みについて】

過払いは、利息を決める法律が、利息制限法と出資法の2種類ある事が、その発生の原因となっています。

出資法では、貸金業規制法43条の「みなし弁済」の要件を全て満たす場合に限り、最大29.2%の利息を取得できるようにしていました。

しかし、貸金業者でこれらの要件を満たしているところは、ほとんどないのが現状です。その為、貸金業者へ全額を返済する、または5年以上返済すると過払いが生じる可能性があります。