新着情報

不動産登記の主な例

登記の種類にはいくつかあり、不動産に対して生じた変化の原因に応じて申請する登記の種類が決められています。  

主な例としては、次のとおりです。  

登記の原因               申請する登記の種類


1.建物を新築、新築マンションを購入した。  →所有権保存登記
1.不動産を売買・贈与・相続した。       →所有権移転登記
1.融資をうけて(根)抵当権を設定した。 →(根)抵当権設定登記
1.住宅ローンを完済した。          →(根)抵当権抹消登記
1.所有者の住所・氏名が変わった。→登記名義人表示変更登記